専門駆除業者による蜂退治|屋根裏に侵入する害獣について

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根裏害獣について

ハクビシン

害獣被害というのは多岐に渡りますが、代表的なものとして屋根裏への侵入が挙げられます。屋根裏へ侵入する害獣は屋根裏害獣と呼ばれ、その種類は様々です。ハクビシンと呼ばれる生き物も、屋根裏害獣に該当します。ハクビシンというのは、胴長短足といった外見が特徴の害獣で、川に隣接する農村などでその被害を発生させてきました。しかし、近年では都会でもその被害が急増しているのです。そのため、対策すべき害獣として意識されるようになりました。
ハクビシンによる被害というのは、屋根裏に侵入し深夜に暴れまわることによる騒音被害、糞尿による悪臭被害、糞尿に伴って発生する害虫被害、その他にも様々な被害を発生させます。その被害の多くは、糞尿に関わるものが多いとされています。ハクビシンは同じ場所に糞尿を溜め込む習性があるため、その箇所から糞尿が染み出してきたり重みで天井が抜けたりといった被害が発生するのです。ハクビシンの屋根裏侵入を対策するためには、屋根裏に通じる全ての穴を塞ぐ必要があるでしょう。しかし、素人の目では全ての侵入口を発見することは困難です。そういった場合には、専門駆除業者に依頼することで確実な対策を行ってもらうことが可能です。また、既に侵入されてしまっている、といった状況であってもすぐに専門駆除業者に依頼することをお勧めします。専門駆除業者であれば、ハクビシンを捕獲した後、屋根裏に溜め込まれた糞尿の処理まで徹底して行ってくれるのです。また、その知識と経験を駆使して、全ての侵入口を発見し塞ぐといった対策を行ってくれるでしょう。