専門駆除業者による蜂退治|屋根裏に侵入する害獣について

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

蜂退治に掛かる費用について

困る女性

日本国内で被害を発生させている蜂というのは、ミツバチ・アシナガバチ・キイロスズメバチ・オオスズメバチの四種だと言われています。その中でも、キイロスズメバチ及びオオスズメバチの二種による被害は、毎年数多く発生しています。ここでは、蜂退治を駆除業者に依頼した際に掛かる費用について知っておきましょう。駆除業者に蜂退治を依頼した場合に掛かる費用というのは、対象となる蜂の種類や巣の位置、依頼時期によって変わります。まずは、依頼時期による駆除費用の変化について知っておきましょう。
蜂というのは、春から巣作りを開始します。巣作りというのは、冬眠から目覚めた女王蜂によって開始されます。最初は一匹だけですが、巣が完成するにつれて働きバチの数が増えていきます。6月頃にはある程度巣が出来上がり、働きバチの数も多くなるでしょう。1月から6月の間で駆除業者に退治依頼を行った際には、駆除費用が比較的安価になります。その時期であれば、蜂の凶暴性が低く安全に退治することができるのです。しかし、7月から12月の秋口に入ると、駆除費用は割高になります。秋口というのは、巣が一番大きくなる時期であり、繁殖期でもあります。そのため、蜂の攻撃性もピークに達します。被害の発生状況に関しても、秋口での発生率は高いものとなっているのです。オオスズメバチの退治を秋口に依頼した場合には、その駆除費用は約2万5千円掛かると言われています。春から夏(1月から6月)であれば、オオスズメバチであっても約2万円で済むでしょう。